性別によって変わる不満の傾向とは

男女の違いによって、職場の不満に多少の違いが現れる傾向にあります。男性は、幼少期に自身の将来像となる父親が働く姿を側で確認する機会がほとんどありません。そのため空想に頼る必要性があり、空想から生まれる理想の在り方を求める傾向にあります。

一方で女性は、将来像となる母親が常に近くにいることが多いため、物事を現実的に考えやすくなると言われています。

男性が抱える職場の不満は、理想の上司や理想の組織と相反する場合に起きやすくなります。女性の場合は、人との繋がりを男性以上に意識する傾向にあります。そのため、繋がりが悪ければ不満を抱きやすくなるのです。

職場に思いやりの精神が無ければ、この様な思いを抱きやすい従業員が増えるかもしれません。働く士気の低下は、市場に提供するサービスにも悪い影響を与えてしまいかねません。働きやすい環境を整えるために、緑のある植物を取り入れることをおすすめします。

心の負担は心拍数を早めてしまい、オフィス内に二酸化炭素がより増加してしまうことも考えられます。また、無機質になりがちなオフィスにおいて、植物が生み出す新鮮な空気や鮮やかな緑色が心を穏やかにさせる力を持ち合わせているのです。

植物には、誰もが育てるというイメージを持っています。そのため、思いやりの精神を養う効果も期待できるのではないでしょうか。思いやりの精神を持つことでコミュニケーションが活性化すれば、男性にとって上司や組織は理想の姿に生まれ変わるかもしれません。また女性は、人間関係が良くなって行くことで仕事に対して前向きな思いを抱いて行く可能性が高まるでしょう。